葵第一幼稚園

令和元年度 学校評価・第三者委員会報告書

  • 前年度の評価

    平成30年度の学校評価アンケート結果から、園内の安全性の確保に関しての評価が低かった。また、昨年度4月に建替で新園舎となったため、これまで気づかなかった危険箇所も散見された。
  • 本年度の園の目標

    ・危険箇所の発見、改善、必要があれば修理を行う。
    ・防災意識を高め、避難訓練をより充実したものにする。
  • 本年度の自己評価・反省

    ・園内外の安全点検を定期的に注意深く行い、また職員全体で園内を回り、意見を出し合った。その結果をもとに、新たな鍵の設置、滑り止めのシート貼り、乳児用にすべり台の手すりの増設などを行なった。職員全員で一緒に見て回ることにより、安全性への意識が高まり、気づきも多くなっていった。幸い設備の不備による事故は起きていないが、一方で子ども達自身への安全教育にも力を注ぐ必要を感じている。
    ・避難訓練に関しては、様々なシチュエーションを想定し行なってきたが、まだまだ予測が甘いと考えている。複数の職員が研修に参加した。また、防災計画のリーダーも決め、専門家に指導に入ってもらい、現在より現実的な防災・避難計画を検討中である。次年度に繋げて行く。
  • 本年度の学校評価

    以上の内容を基に、3月2日に保護者の会の役員及び一般の保護者(10名)に対しアンケートを行った。
  • アンケート結果

    1. 園の防災教育・安全指導は適切に行われていると思いますか。
      1. 思う 90%
      2. やや思う 10%
      3. 思わない 0%
      4. わからない 0%
    2. 園庭・保育室は清潔に保たれていると思いますか。
      1. 思う 90%
      2. やや思う 10%
      3. 思わない 0%
      4. わからない 0%
    3. 園内は、けがや事故を防ぐよう安全性が確保されていると思いますか。
      1. 思う 90%
      2. やや思う 10%
      3. 思わない 0%
      4. わからない 0%
    4. 緊急時の連絡はスムーズにいっていると思いますか。
      1. 思う 70%
      2. やや思う 30%
      3. 思わない 0%
      4. わからない 0%
  • まとめ

    一定の評価は頂けたと思うが、次回の職員会議でまた新たに次年度の目標を検討する。
  • 第三者委員会 報告書

    令和元年度、貴園に対する相談・苦情がなかったことをご報告いたします。
    令和2年4月1日 葵第一幼稚園第三者委員会 毛利 秀夫